無添加BBクリーム成分比較

比較 商品名 商品名 商品名 商品名 商品名

桜花媛
ナチュラルBB

紫紺乃米
フィット&カバー

ドクターシーラボ
エンリッチリフト

ナチュラグラッセ
ピュアBBクリーム

バイソン
ベビーピンクbb
無添加
ポイント
93pt 79pt 62pt 86pt 76pt
紫外線
吸収剤
不使用 使用 不使用 不使用 不使用
パラベン 不使用 不使用 不使用 不使用 使用
合成界面
活性剤
不使用 3成分 5成分 4成分 4成分
商品詳細
成分一覧

BBクリームの添加物が体に与える影響とは?

添加物の危険性

BBクリームに多く含まれる添加物。私たちに与える悪影響とは、一体どのようなものなのでしょうか?
まず始めに、添加物の種類には、パラベンなどの防腐剤、界面活性剤や紫外線吸収剤、タール系色素、人工香料などがあります。よく聞く成分ですよね。
では、そもそもBBクリームに入れる理由とは何でしょう?

添加物を入れる理由、それは主に使用感や保存性を上げるため
企業は、他にはないBBクリームを作ろうと、様々な成分を用いて独自の化粧品開発に取り組みます。
BBクリームの役割においては、もちろん、美しい肌の再現が一番。
しかし、オリジナリティ商品や量産型の商品を求めるあまり、企業は本当に肌にいい成分に対する理解を見落としがちになる可能性もあるのです。

では実際、BBクリームの添加物は、どの様な害をもたらすのでしょうか? 例えば香料や着色料には、皮膚炎を起こす可能性が。着色料は、さらに発がん性物質も含みます。
色を付ける、多くの化粧品には着色料が含まれており(色付きクリームなども同様)、使用前にはパッチテストを行うなど注意が必要です。 化粧品に使われる成分は法律で定められ、それなりの安心度はありますが、油断は禁物。
気付かない内に蓄積される成分が肌荒れなどの原因にもなりかねません。

ヒトの皮膚は、本来排泄を行う場所ともいわれ、自然の流れにそぐわない添加物などの成分は美容において一切無駄である、そんな説もあります。
目先の商品に踊らされず、肌への影響も考えた本当の化粧品を選びをしたいものですね。

無添加BBクリームを買う前に要注意成分をチェック!

タール系色素
肌色を鮮やかに見せてくれるはずのタール系色素が実はシミの原因!? タール系色素を詳しくチェック
パラベン
防腐効果があるはずなのにパラベンって本当に肌によくないの? パラベンを詳しくチェック
鉱物油
油断禁物!まさかあの恐ろしい病気になるかもしれないなんて。 鉱物油を詳しくチェック
合成界面活性剤
メイク中は綺麗な肌も素肌はボロボロ。その原因ってもしかして!? 合成界面活性剤を詳しくチェック
紫外線吸収剤
やっぱりUVカットはノンケミカルじゃなきゃ!…ところで紫外線吸収剤って何? 紫外線吸収剤を詳しくチェック

無添加BBクリームについて
最近、肌へのやさしさや安全性を考える方たちの間で、一層注目を集める無添加BBクリーム。
時代は、環境問題解決への注目が高まる中、毎日肌に触れる化粧品だって限りなく安心な成分を使いたい、そんな女性たちは多いことでしょう。一見メジャーな無添加化粧品も実際には、その詳しい内容を知る方はさほど多くはないのかもしれません。
ここでは、まず無添加物化粧品について、一緒に知識を深めてみたいと思います。
まずは、無添加という言葉についてです。これについては、名前の通り、添加が無、つまり、配合がされていないという意味を指します。例えば、肌によくないとされる着色料や香料ですが、このような成分が入っていないという意味を指すのですね。
では、無添加化粧品とは。少々専門的ですが、指定成分といわれる100種類余りに及ぶ成分を使っていない化粧品のこと。言い換えると厳しい基準を越えた商品といえるでしょう。
これらをみると、やはり魅力を感じる無添加のBBクリーム。正しい知識を持って安全なものを選びたいものです。
当サイトでは配合成分にを数値化し比較、一番肌に優しく安心して使えるBBクリームを決定していきます。