トップページ >  > パラベンとは?

パラベンとは?

パラベンは、できれば使用を避けたいもの。 パラベンとは、いわゆる防腐剤を指す成分の名前です。
化粧品に使われるパラベンにおいて、特に敏感肌の方にとっては刺激を感じる場合も多く、配合の有無が商品選びの大きな基準となる方も少なくありません。

表示の義務付けがされているこの成分。薬事法での義務付けという点でも、やはり注意は必要です。
実際パラベンは、皮膚障害の中でも湿疹接触皮膚炎を起こす可能性があり、そのため、成分表示は消費者の化粧品選びの、より大きな判断材料となるのです。

パラベンの作用は、防腐剤の名の通り腐らせないことです。
しかし、腐らせない成分が皮膚によくない影響を及ぼしかねず、皮肉なことですね。
パラベンは指定成分にあたり、そもそも指定成分とは、厚生省が安全を承認していない、
アレルギーを起こしかねない成分のこと。よって、肌への負担が懸念されるのです。

では、どうして化粧品にパラベンを入れるの?
それは、化粧品使用時に手などから混入する菌による商品の劣化をふせぐため。
そんな中、近年ではパラベンに対する研究が進められ、安全性をうたうブランドも増してきました。

しかし、油断は禁物。日々身近な習慣であるスキンケアがゆえ、ある一定の安全性が認められたとはいえ、やはり将来を見据えた化粧品選びの目は鍛えておきたいものです。