トップページ >  > 紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤について詳しくご存知ですか?紫外線吸収剤とは、日焼け止めに入っている成分のこと。
肌に当たる紫外線を吸収し、化学反応により熱に変化をさせ、紫外線が肌に入り込むのを防ぐ役割を果たします。一度は名前を聞いたことがある、そんな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

美白やアンチエイジングなど、幅広く美容に関心を持つ女性たちの間では、以前から注目をされていたこの成分。時に肌への大きな負担が懸念されるため、特に敏感肌の方にとっては、成分配合の有無が商品選びの大きなポイントになる方も少なくないようです。

では、なぜ負担がかかるのか?理由は、紫外線を肌の上で吸収させ、その場にとどめてしまうから。
紫外線は消えて無くなるわけではなく、熱という形に変化をするだけ。
そのため、熱への変化の際に起こる化学反応が原因となり肌荒れや、ひどい場合にはシミが起きる
可能性があるのです。
さらに、紫外線を受け続け、繰り返された化学反応の結果、成分の分子は壊れやすくなり、
壊れた分子が大きな刺激になりかねないのだとか。肌荒れやシミの原因はこうした点にもあったのですね。

出来れば配合していない商品を選びたい。
そんな方には、「紫外線散乱剤」入りのノンケミカルBBクリームがお勧めです。
「吸収」に比べ「散乱」。つまり、肌の上で紫外線をとどめるのではなく、跳ね返す作用があるため、肌への負担が少なく安心といえるでしょう。